あなたに合ったお手伝い

サービス/管理体制 - 介護設備について

※記載の内容は、計画段階のもので実際とは異なる場合がございます。

最新機器のエビデンスに基づくケア

様々な実証データに基づく医療サービスと異なり、「介護サービスにはエビデンスがない」という指摘がなされます。しかし、介護にかかわる機器のIoT化によってそうした状況は変革の時代を迎えています。例えば、「眠り」に関しても、これまでは観察によって眠りを把握していました。しかし、現在では眠りの状況を、データ化できる機器があり、さらにIoT化によってナースコールとの連動、介護支援ソフトによって分析することでケアプランにまで反映させることができます。

介護サポートシステム

ナースコールはもちろん、24時間 お部屋とスタッフは、ネットワーク接続。
万一の時も即座に対応可能なサポート体制(予定)です。

<最新型ナースコールによる見守りシステム>

無線LANを使用した最新型のナースコールを導入します。今までのナースコールが単に呼び出し・通話の機能しか持たなかったのに対して、プライバシーに配慮したカメラ機能を付けたことで呼び出しと同時に映像を通報し、迅速な対応をアシストします。さらに、スタッフへの呼び出しの端末をスマートフォンとすることで、コール情報の共有、ケアの優先順位の決定などご入居者さまのニーズにもこたえられます。また、担当スタッフのコール時間と対応時間などの把握も可能となり、適切なケアの実践を図ります。

<お部屋の活動状況を把握できる機器を導入>

24時間365日室内におけるご入居者さまのベッド上での活動状況をモニタリング可能な機器を導入予定。日中の活動状況や夜間の睡眠状況、トイレの回数などを把握することで、ご入居者さまの生活リズムを得ることができ、場当たり的なケアではなく、データを分析・エビデンスに基づいた介護をご提供できます。

<介護支援ソフトによる業務の効率化>

現在の介護付老人ホームでは、看護・介護やリハビリテーションの記録などの書類にスタッフが手を取られ、ご入居者さまと向き合っていられないという笑えない状況が現実にあります。高崎市の介護付有料老人ホーム「カーサ・デ・ヴェルデ 黒沢」では、最新の介護支援ソフトを導入予定、記録作業などのスタッフの負担を減らし、ご入居者さまに向き合う時間を増やすように工夫します。

設備/浴室

高崎市の介護付有料老人ホーム「カーサ・デ・ヴェルデ 黒沢」では、
一日の疲れを癒す浴室をご入居者様に合わせた3タイプを設置予定です。

【介護浴室】

高崎市の介護付有料老人ホーム「カーサ・デ・ヴェルデ 黒沢」では、車いすの方にも安心してご入浴いただける美心会でも実績のある介護浴槽「ライラックプラス」を採用しています。椅子に座ったまま入浴でき、介護スタッフと対面式となっているため、安心してご入浴していただけます。
(ウェスト棟 2階フロア)

【個人浴室】

高崎市の介護付有料老人ホーム「カーサ・デ・ヴェルデ 黒沢」のウェスト・イースト棟の1階~3階までの各フロアに個人浴室を2室づつ配置しています。

【個人浴室】

高崎市の介護付有料老人ホーム「カーサ・デ・ヴェルデ 黒沢」のウェスト・イースト棟の1階~3階までの各フロアに個人浴室を2室づつ配置しています。

【プレミアムフロア専用個人浴室】

高崎市の介護付有料老人ホーム「カーサ・デ・ヴェルデ 黒沢」のイースト棟3階・プレミアムタイプのフロアに1,600mm×2,500mmのベンチもついた広々仕様の個人浴室を2室を配置しています。

【プレミアムフロア専用個人浴室】

高崎市の介護付有料老人ホーム「カーサ・デ・ヴェルデ 黒沢」のイースト棟3階・プレミアムタイプのフロアに1,600mm×2,500mmのベンチもついた広々仕様の個人浴室を2室を配置しています。