やりたいことを応援

サービス/管理体制 - 介護について

※記載の内容は、計画段階のもので実際とは異なる場合がございます。

高崎市の介護付有料老人ホーム
「カーサ・デ・ヴェルデ 黒沢」
オーダー・メイド・ケアの提供(予定)

高崎市の介護付有料老人ホーム「カーサ・デ・ヴェルデ 黒沢」では、ご入居者さま一人ひとりの個性を尊重し、これまでの生活や想いを大切にしたオーダーメイドのケアを提供いたします。例えば、食事ひとつに関しても、召し上がる時間のサイクルや何処で誰と一緒に、あるいは一人でゆっくりと食べたい、といった一人ひとりの個性があります。さらには、散歩やお買い物といった外出、趣味や嗜好品をたしなむことも大切なことです。高崎市の介護付有料老人ホーム「カーサ・デ・ヴェルデ 黒沢」では、そうしたご入居者様、一人ひとりの個性を尊重したオーダーメイド・ケアをご提供してまいります。

<コンシェルジュ・サービス(予定)>

高崎市の介護付有料老人ホーム「カーサ・デ・ヴェルデ 黒沢」では、何でも相談できるコンシェルジュ・サービスを実施する予定です。ご入居者様の日常生活での些細なお困りごとから、“やってみたいこと”のサポートまで、お気軽にご相談いただけます(費用は管理費に含みます)。
例えば、
  • ・外出時の交通機関の利用や乗換、所要時間は?
  • ・探している本、CDは…どこで買えるの?
  • ・旅行したい、旅行先の情報を調べてくれる?
  • ・近くに桜名所はある?いつごろ満開かしら?
  • ・家族が集まるのでレストランを予約して欲しい。
  • ・習い事をしたいたい!近くに良い教室はあるの?
  • ・地方の美味しいものをお取りせしたいのだけど?
  • ※管理費に含まれます

<お出かけサポート>

高崎市の介護付有料老人ホーム「カーサ・デ・ヴェルデ 黒沢」には、施設内のスポーツジム「ヴァレオプロアネックス」(地域交流スペース)をはじめ、屋外にもヴェルデガーデンなど多彩な整備を備え、クラブ活動なども積極的に行って参ります。しかし、敷地内の生活だけでは、その人の生活は完結できません、介護付有料老人ホーム「カーサ・デ・ヴェルデ 黒沢」では、近所へのお出かけ、ご旅行などを積極的にサポートして参ります。
ご利用にあたっては、別途費用が掛かる場合があります。詳細は、料金プランをご確認ください。

<ユニットケアに基づく個の尊重>

ユニットケアとは、自宅に近い環境の中で、他の入居者やスタッフと共同生活をしながら、入居者それぞれの個性や生活リズムに応じて暮らしていけるようにサポートする介護手法です。高崎市の介護付有料老人ホーム「カーサ・デ・ヴェルデ 黒沢」は、こうしたユニットケアの考えに基づき、起床・就寝時間や散歩、趣味活動や運動の時間、一日のスケジュールを自由にお過ごしいただけます。もちろん、自発的な生活が困難な場合には、離床を促すなど、一人ひとりの状態に応じたケアサポートを実践して参ります。

手厚い職員配置

高崎市の介護付有料老人ホーム「カーサ・デ・ヴェルデ 黒沢」では、
ご入居者様2.5名に対して1名の職員配置(予定)

一人ひとりの個性を尊重したオーダーメイド・ケアの実現のために、介護保険の定める基準よりも多くの看護師・介護職員を配置する予定です。介護保険上では、要支援1以下の場合には、ご入居者様10名に対して職員を1名(10:1)、また、要支援2以上の場合には、ご入居者様3名に対して職員を1名(3:1)の職員配置がもとめられていますが、高崎市の介護付有料老人ホーム「カーサ・デ・ヴェルデ 黒沢」では、平均の職員配置をご入居者様2.5名に対して職員1名以上の手厚い配置を予定しております。費用は、手厚い介護費(要支援2および要介護認定の方対象)に含まれます。

<看護師24時間常駐(予定)>

高崎市の介護付有料老人ホーム「カーサ・デ・ヴェルデ 黒沢」では、看護師24時間常駐を実現する予定です。従って、医療依存度の高い方にも対応し、また、ご入居者様の夜間の急な発病にも速やかに対応いたします。

<チームケア>

高崎市の介護付有料老人ホーム「カーサ・デ・ヴェルデ 黒沢」は、ご入居されたフロアのスタッフが、情報共有を図りながら、フロアリーダーの下、チーム一丸となってご入居者様に寄り添ってまいります。離れて住まわれているご家族様にも、ご入居者様の情報をご提供していく体制を整えて参ります。

<理学療法士による機能評価とブログラム提供(予定)>

高崎市の介護付有料老人ホーム「カーサ・デ・ヴェルデ 黒沢」では、介護保険上の要支援・要介護の方だけでなく、自立の方にも専門家(理学療法士)によるご入居者様一人ひとりの機能評価を行い、維持・向上のための個別プログラムを作成します。ブログラム内容もご入居者様が楽しく取り組めるように工夫し、達成度を評価することで、プログラムを更新していきます。高崎市の介護付有料老人ホーム「カーサ・デ・ヴェルデ 黒沢」は、ご入居者様が自立した自由な生活を送れるようにサポートします。

<カーサ・デ・ヴェルデ黒沢 職員内訳(開設時予定)>

職員数(※1) 常勤換算後の人数 夜間勤務職員数※2
介護職員 46(24) 34 5
看護職員 9(4) 7 1
直接処遇職員 55(28) 41 6
機能訓練指導員 1 1
※1 ( )内は非常勤職員数で内数
※2  夜間勤務職員(介護職員5名、看護職員1名)のみの時間帯は20:00~7:00です。
この時間帯に2時間の仮眠時間があるため、夜間最少人員3人(介護職員3人看護職員0人)

「幸福に満ちた人生」をいつまでもずっと。

高崎市の介護付有料老人ホーム「カーサ・デ・ヴェルデ 黒沢」は、ご入居者様の“終の住処”でありたいと願っています。そのため、介護度が進んでも安心して暮らし続けることのできる環境と体制を整えることや、認知症に対する専門的なケア能力の向上に努めてまいります。ご入居者様の人生のクライマックスに寄り添い、最後まで「私らしい人生」をサポートすること、これこそが私たち「カーサ・デ・ヴェルデ 黒沢」の使命だと考えます。

※ご入居者様の行動が他のご入居者様又は従業員の生命に危害を及ぼす、又はその気概に切迫した恐れがあり、かつ当ホームにおける通常の介護方法及び接遇方法ではこれを防止できない時、等において解約させていただく場合がございます。その手続きにおいては一定の観察期間を設け、さらに医師の意見を求めます。

<介護度が進んでも安心>

高崎市の介護付有料老人ホーム「カーサ・デ・ヴェルデ 黒沢」では、ご入居者様が自立した生活を送れるように、介護予防、機能維持・向上に寄与するさまざまな取り組みを行っていますが、もし、介護度が進んでしまっても手厚い看護・介護体制によりそのまま継続してお住いいただけます。設備面においても、機械浴や介護用のベッドなど身体の状況に応じて対応いたします。

<認知症ケアに対する考え方(パーソン・センタード・ケア)>

もし、認知症になってしまっても継続した生活が可能です。もともと落ち着ける個室、ワンフロアに24名程度という環境は、認知症の方にとっても過ごしやすい住環境と言えます。さらに、高崎市の介護付有料老人ホーム「カーサ・デ・ヴェルデ 黒沢」では認知症ケアに10年以上携わった職員を複数名採用し、認知症ケアの専門教育に力を入れてまいります。わたしたちは、認知症によってその人らしさが失われるとは考えません、むしろ、認知症の方にこそ、その人らしさを認めることが大切ではないでしょうか?高崎市の介護付有料老人ホーム「カーサ・デ・ヴェルデ 黒沢」では、業務中心のケアではなく、人を尊重するパーソン・センタード・ケアを実践して参ります。

<ターミナルケアについて>

多くの人が“最後まで自分らしい人生”を望んでおり、在宅での最期を望んでいます。高崎市の介護付有料老人ホーム「カーサ・デ・ヴェルデ 黒沢」では、そうした皆様にとって安心して最期まで生活できるように、ご入居者様、ご家族様とのコミュニケーションを図りながら、ご自宅にいるようなご自分の住まいでの看取りを行ってまいります。